男性の性機能不全とED治療と皮膚湿疹について

日本では、性機能不全に悩む男性が増えています。
性機能不全とは、性交渉の時に現れる様々な障害です。
男性の性機能不全の中でよく知られているのが、勃起不全と射精障害です。
性機能不全には、肉体的な要因と、精神的な要因があります。
多くの場合、両者が組み合わさって症状が出てくることが多いです。
肉体的な問題が、ストレスや不安、恐れなどを引き起こし、そのことで、さらに肉体的な問題が悪化するケースもあります。
男性の多くが、性行為を正常に行わなければならないというプレッシャーを感じているのです。
そのため、性的能力の不安を感じると、パートナーとの性的関係に様々な支障が出てきます。
男性の性機能障害の中で、最も多いのが勃起障害です。
射精障害には、射精をコントロールできず、膣への挿入前や挿入直後に射精が起きる早漏症や、射精できなくなる無射精などがあります。
勃起不全は、EDと呼ばれることが多いです。
勃起不全に悩む患者は、日本だけでも1000万人以上いると推計されています。
ED治療、射精障害は、基本的に泌尿器科で治療することになります。
ED治療は、一般的に内服薬で治療を行うことが多いです。
現在、様々なED治療薬が処方されています。
ED治療薬は、勃起を妨げる酵素の働きを弱めて、正常な勃起へと導きます。
勃起不全は、適切な治療によって症状が改善する人も多いです。
ただ、ED治療薬の効果は、個人差があります。
また、体質によって治療薬が合わない人もいるので、治療を始める前に、医師とよく相談する必要があります。
ED治療薬の中には、皮膚湿疹などの副作用が報告されている治療薬もあります。
皮膚湿疹が出た場合は、服用を止め、すぐに病院へ行き、医師に皮膚湿疹を診てもらうことが大事です。

トップページへ