頭痛薬と関係ある病気とED治療薬バイアグラの問題点

EDの症状でクリニックで医師による治療を受けている方は、一般的にバイアグラを処方されることが多いです。男性器が勃起するのには血の流れが関係していますが、バイアグラは血流を促進させることでEDの症状を改善します。しかし、このバイアグラは服用すると体に副作用が出るともよく言われています。服用すると起こる副作用としては、顔がほてる・目が充血する・頭痛がするの3つの症状が代表的です。他にもある症状としては、動悸・息切れ・目まいなどもあります。これは軽度の副作用であり重度の副作用になりますと、血圧の低下・狭心症などの病気も稀にあり得ます。

副作用があるのならバイアグラは服用しない方が良いのかというと、そう心配する必要はありません。軽度の顔のほてり・目の充血・頭痛などの症状は体が慣れない初期に起こりやすい症状ですので、飲み続けて薬が体に慣れるにつれて副作用もなくなっていきます。一番がまんしにくいのが頭痛ですが、バイアグラを飲んでいても頭痛薬の併用は可能です。併用する頭痛薬は、わざわざ医師に処方してもらう必要はありません。市販の頭痛薬でも併用できます。軽度の状態でも症状が長く続くようなら、医師に服用して問題ないかを相談しましょう。重度の副作用である血圧の低下・狭心症などの病気は、すぐに症状としては出ずに時間をかけて表に出るものです。飲み始めてだるさを感じるようになったり、心臓に痛みを感じるような違和感を覚えたら、早急に医師に相談し服用を中断するようにしましょう。

よく言われるようにバイアグラを服用すると、副作用が出る可能性はあります。副作用が出るかは本人の体質もあるので、服用すればみんな病気になるというものではありません。副作用が起きる割合も統計的に低めです。バイアグラはED改善には効果的ですので、不安になりすぎず試してみてはいかがでしょうか。

トップページへ